2018年3月31日土曜日

3月議会 最終日


facebookページで書いたとおり議会28日に終わりました。
小出しに議会報などsnsブログでアップしますと言ってたことで、さっそく、他会派提出の議員発議の件。
図書館建設調査特別委員会設置の件 本会議賛否5対12で否決。

議運委員会の質疑で、総務文教でこれまでやってきていたのに、なぜ特別委員会で?とか、火葬場の際の特別委員会は所管をまたぐ調査が必要だったとか、常任委員会制なのに今回の特委設置はその意義もなくしてしまいのでは、それならすべて全員参加の一つの委員会にしたらいいということになるではないか?とか 質疑される方がおられました。
常任委員会を否定するものでなく、必要があると判断しているからの提出者の発意であって、発議自体は誰にもとめられませんし、提案者が都度都度必要と判断ならばだして議会でそのぜひを判断すればいいだけのこと。火葬場のときそうであったように。

また、この発議者の提案説明などであった数名の方が一般質問で図書館についてとりあげ、それが新聞報道されたあと反響のあった市民の声には、子育て中のお母さんからそれに関連する施設にしてほしいなどがあったとのことで、仮にそうした施設を組み込むうえで声をきいたり調査するとなれば十分所管外ともいえます。昨年スタートした関空ラインにいまごろ初期費用を支援するため出資金の一部(約1400万円)を放棄する議案は、交通政策に関連する問題であり、産業厚生常任委員会の範疇の問題でもあります。 こうした所管を超える案件でも、私の合同審査でやるべきとの提起ですら、審査すら必要なしと切り捨てるわけですから、所管またぐ必要があっても、しないというスタンスなのでしょう。議会で議論深める意思あります?
さてさて、また趣旨は新しい図書館建設にむけて広く声をきく、議員としてやれることやっていくとのことなので、私は、図書館の場所について関係する団体などがこれまで議論し賛意得たというが(場所については3案あり、これまでの市民アンケートはこの3案の条件の参考となる意見が出される程度のもので、そのアンケートで3案のどこがいいかまでは市民の声をきいたことにはならない。またパブコメでは海端を危惧する声も)、情報公開とっても災害に関する議論がされてないので、今一度それについて議会が議論するために、市民の声をきくことは大事なことだと思います。その場を設ける意義はあるだろうとおもいます。
賛成討論2名 反対討論なし。 賛成者のもう一人の方と私の趣旨は違うのですが、それがあたりまえ。それで論点もわかるというものですが、反対者もこうであるから反対と「議会」でいっていただきたかった。

2018年1月15日月曜日

予想はズレる。 下ならいいが上もありえる。

野島断層普及講演会2018~淡路島を襲う、南海トラフ巨大地震・津波に備える~ と題した講演会に参加。


高知大学岡村眞教授、徳島大学大学院馬場俊孝教授、県民局菅原崇行氏を迎えてのお話。

岡村教授の話は初めてお聞きするのですが、テレビや新聞記事で研究内容も聞いたことがあり、よくよく振り返ると私も一般質問で、引用したことがありましたので今日の講演は楽しみにしていました。
議事録検索(23年6月1日)で引っ掛かりますが、当時危機管理部長の現副市長が今日もあいさつされてましたが、この組み合わせが一同に同じ場所にいるというのが何か因縁を感じてしまいました。
今日も指摘されてはっとしましたが、「ほんとに巨大地震が来るの?」や、「ここまでは津波来ないだろう」など個々の判断や、過去の教訓を短期的な視点でとらえることや日本の文化的な要素で災害を大きくしていえる面を指摘されていました。地震は単なる自然現象で100年に一度3分ほど(規模にもよるだろうけど)の揺れである。しかし、人間が家を建てたり、家財道具をおいたり、電柱作ったり、それらが倒壊、落ちてくることや火災で人が亡くなる。災害は人間がつくっているのだということである。
忘れたころにやってくるとは言うもので、日頃の備えを今一度しておいていただきたいと思います。。さらに、教授は「必ず予想はズレる」「下にズレるならいいが、上にズレることも考えられる」とも。

岡村教授の研究は、過去の津波で流れ込んだ砂など池の体積物で2000年前にm9クラスがあったとみています。「来ないかもしれない」という認識はやめて、今、自宅やいるところが何mのところか今一度把握すること、津波がもし今きたら、半日は襲ってくることがあるので、海には近づかず、今晩はここで皆さんと過ごすことになるといわれていました。
後の方の話でわかったのですが、東日本大震災で、埼玉出身の校長が地元の同僚の意見で初め屋上避難で十分と考えていた考えを変えて、結果として多くの命を救うことにつながった話の放映をみせてくれた。編集されているようで、当の校長は納得されていないんだとのこと。それは、一旦避難したが、下の方に行くことを許したことによって帰らぬ人となったことが放映されなかったからのようだ。 


馬場教授は、スパコン京や阿波踊りやAKBに例えて、個々では小さいこともまとまると効果的な防災につながること、個人レベルの防災が、地域、行政の補完、災害時に大きな役割を果たすことを説明されてました。また、ルパンの逃げ足を例えに、津波から逃れる極意をわかりやすく説明いただきました。

などなど質疑応答もあり、23年を迎える阪神淡路大震災を風化させず、南海トラフにも今一度身近なことから再点検と強く思わされた講演会でした。

最後に、東日本震災で亡くなられた方で多い職種は、事務職員や金融機関ということも話されており、この原因は、命をつなぎとめることより先に、その後の処理や対応が頭に浮かび、逃げるという認識を薄れさせている要素なのかもしれません。ここでも不協和音を恐れずまず逃げることとの認識を深める社会であってほしいです。
市の増築庁舎は結局埋め立て地に、また、津名図書館も海端での建設計画。質疑しませんでしたけど、淡路市のこの対応、教授陣にはどのようにうつたったのでしょうか。予想はズレる 上の方にも。 こうならないことを祈るのはもちろんですが、まだまだ検討の余地はあるのです。今日そう思いました。
防災無線やビラなど結構大がかりに宣伝したとおもっていましたが、予想より(前の社協の同場所での講演と比較)参加が少なかったように思います。
簡単にブログにまとめてみましたが、このブログで皆さんの防災意識の再認識になっていけば幸いです。

2018年1月13日土曜日

議会報告のビラ 新年号

2018年 ブログではあいさつまだでしたね。
新年おめでとうございます。

寒い日が続いていますね。各地で今シーズン一番など記録的なところもでています。
基本寒がりなのでこたえます。

12日金曜の朝宣伝も耳当てとネックウォーマーで何とか耐えてますが、ニット帽かぶりたかったです。


11日は雪積もってましたが、12日朝は氷が張っていることに気づく。

三寒四温というので明日は少し緩むと思ったら、このあたりでは明後日との天気予報です。


さて、議会報告ビラ1月6日、7日で市内新聞折り込みに入れました。7日の方が全体のビラ量が少なく、見つけやすかったかもしれません。6日は正月明けの土曜で量も多め。アップしますので、そんなの入ってなかったという方と市外の方もご覧ください。
地域回ってると「新聞折り込みに入ってたな、見たよ」、と言ってくれる方も。
2018年今年もよろしくお願いします。