2018年1月15日月曜日

予想はズレる。 下ならいいが上もありえる。

野島断層普及講演会2018~淡路島を襲う、南海トラフ巨大地震・津波に備える~ と題した講演会に参加。


高知大学岡村眞教授、徳島大学大学院馬場俊孝教授、県民局菅原崇行氏を迎えてのお話。

岡村教授の話は初めてお聞きするのですが、テレビや新聞記事で研究内容も聞いたことがあり、よくよく振り返ると私も一般質問で、引用したことがありましたので今日の講演は楽しみにしていました。
議事録検索(23年6月1日)で引っ掛かりますが、当時危機管理部長の現副市長が今日もあいさつされてましたが、この組み合わせが一同に同じ場所にいるというのが何か因縁を感じてしまいました。
今日も指摘されてはっとしましたが、「ほんとに巨大地震が来るの?」や、「ここまでは津波来ないだろう」など個々の判断や、過去の教訓を短期的な視点でとらえることや日本の文化的な要素で災害を大きくしていえる面を指摘されていました。地震は単なる自然現象で100年に一度3分ほど(規模にもよるだろうけど)の揺れである。しかし、人間が家を建てたり、家財道具をおいたり、電柱作ったり、それらが倒壊、落ちてくることや火災で人が亡くなる。災害は人間がつくっているのだということである。
忘れたころにやってくるとは言うもので、日頃の備えを今一度しておいていただきたいと思います。。さらに、教授は「必ず予想はズレる」「下にズレるならいいが、上にズレることも考えられる」とも。

岡村教授の研究は、過去の津波で流れ込んだ砂など池の体積物で2000年前にm9クラスがあったとみています。「来ないかもしれない」という認識はやめて、今、自宅やいるところが何mのところか今一度把握すること、津波がもし今きたら、半日は襲ってくることがあるので、海には近づかず、今晩はここで皆さんと過ごすことになるといわれていました。
後の方の話でわかったのですが、東日本大震災で、埼玉出身の校長が地元の同僚の意見で初め屋上避難で十分と考えていた考えを変えて、結果として多くの命を救うことにつながった話の放映をみせてくれた。編集されているようで、当の校長は納得されていないんだとのこと。それは、一旦避難したが、下の方に行くことを許したことによって帰らぬ人となったことが放映されなかったからのようだ。 


馬場教授は、スパコン京や阿波踊りやAKBに例えて、個々では小さいこともまとまると効果的な防災につながること、個人レベルの防災が、地域、行政の補完、災害時に大きな役割を果たすことを説明されてました。また、ルパンの逃げ足を例えに、津波から逃れる極意をわかりやすく説明いただきました。

などなど質疑応答もあり、23年を迎える阪神淡路大震災を風化させず、南海トラフにも今一度身近なことから再点検と強く思わされた講演会でした。

最後に、東日本震災で亡くなられた方で多い職種は、事務職員や金融機関ということも話されており、この原因は、命をつなぎとめることより先に、その後の処理や対応が頭に浮かび、逃げるという認識を薄れさせている要素なのかもしれません。ここでも不協和音を恐れずまず逃げることとの認識を深める社会であってほしいです。
市の増築庁舎は結局埋め立て地に、また、津名図書館も海端での建設計画。質疑しませんでしたけど、淡路市のこの対応、教授陣にはどのようにうつたったのでしょうか。予想はズレる 上の方にも。 こうならないことを祈るのはもちろんですが、まだまだ検討の余地はあるのです。今日そう思いました。
防災無線やビラなど結構大がかりに宣伝したとおもっていましたが、予想より(前の社協の同場所での講演と比較)参加が少なかったように思います。
簡単にブログにまとめてみましたが、このブログで皆さんの防災意識の再認識になっていけば幸いです。

2018年1月13日土曜日

議会報告のビラ 新年号

2018年 ブログではあいさつまだでしたね。
新年おめでとうございます。

寒い日が続いていますね。各地で今シーズン一番など記録的なところもでています。
基本寒がりなのでこたえます。

12日金曜の朝宣伝も耳当てとネックウォーマーで何とか耐えてますが、ニット帽かぶりたかったです。


11日は雪積もってましたが、12日朝は氷が張っていることに気づく。

三寒四温というので明日は少し緩むと思ったら、このあたりでは明後日との天気予報です。


さて、議会報告ビラ1月6日、7日で市内新聞折り込みに入れました。7日の方が全体のビラ量が少なく、見つけやすかったかもしれません。6日は正月明けの土曜で量も多め。アップしますので、そんなの入ってなかったという方と市外の方もご覧ください。
地域回ってると「新聞折り込みに入ってたな、見たよ」、と言ってくれる方も。
2018年今年もよろしくお願いします。

2017年12月9日土曜日

本日の本会議や議運での議案審査

今日は本会議があり、佐野運動公園野球場照明設備工事の変更契約一件の表決。(私は反対の討論。また市議会hp討論を確認下さい。)
 
その後に議運が開かれ、自治市民の会2名から発議があった議員報酬20%カット案の審査。
 質疑の回答から、持論は50%カットであるが性急にではなくまず20%、議員自ら襟を正す姿勢を示すなどが主張のように感じました。50%カット等では兼業できる人でないと議員になれないのでは、議会開催時だけが公務との認識なのかなど、様々な観点から質疑もでておりました。
この件は、議運としては反対多数と言う結果になりました。(委員会では討論ありませんが、私は単にカットすればいいという考えではなく、妥当な額を議論の積み重ねで合議していくプロセスも大事とおもっています。それがプラスになれマイナスであれ、きちんと合理性があればです。かつ、今期中にあげるのではなく時期にむけてということ。今回議論とは別ではすが、議員定数減に手をつけるのは反対。議員減らして報酬あげるというやり方も一部から聞こえてくるのですが、それは民意の切り捨てで自らの給与は上げようという話と思いますので)

 次に、特別職と職員の人事院勧告にもとづいた給与とボーナスの追加議案で出されたことで、議会もどうするかという議論に。
各会派が意見をだしあったのですが、議運として発議しなくてもいいという会派や、会派で議論がまとまらず議運の決定に従う、12月議会での提出は保留、もっと議運で議論を との意見であり、議運としては今回発議しないことに。
 しかし、議員個人としての発議の方向は残されているようなニュアンスの発言もあり、その方法で出てくるかもしれません。
 ただ、この12月に是が非でも出すべきだとの会派はなかったわけで、議運でださないと議運が決めていることに対して、発議してくるのならば、会派として出すとの意見をまとめて今日の議運で会派の意見としていうべきだったでしょう。それもできないのに有志で発議はやはり議運の軽視、信義にもとるやり方になるでしょう。

 いずれにしても、今回の自治市民の会の発議も議論の投げかけでもあるとの認識にたつべきで、報酬についてはきっちり議論し、市民に説明のつく報酬にしていくべきとの認識と状勢は少し出てきたなのかなと感じます。(前回とかは慣習だからと議運メンバー大半で発議強行)。
期末手当も報酬をベースにしてあり、切り離した議論ではないということも加えて言っておきたいと思います。

2017年11月19日日曜日

議会報告会を終えて

ブログしばらくぶりの更新となっています。ご容赦を。
一気に冬めいてきましたね。今朝の紀淡海峡は浮島現象でてました。


昨日、一昨日と議会報告会がありました。
9月議会(主は決算審査)の報告となりますが、ご参加下さった方の多くは議員との意見交換で来られており、その場こそが大事なんだということを改めて実感。参加の皆さんがわざわざ足を運んでいただいてることに本当に感謝です。
ところで私も議会報告ビラアップしてなかったので、ご覧ください。


議会の報告会ですが、議会だより49号をもとに説明し、それに対する質疑やその後意見の交換となります。
参加者の声として、広報紙面の問題ともなりますが、49号の2,3pにある、住民一人当たりと言う記載方法は納税者の数で表した方がいいのではとか、土木費27億9000万円といっても公共下水事業などの特会等への操出金も含めているので、実際の土木工事にそれだけ使っているように見えてしまうというご指摘も。(ご意見いただいた方も、一人あたりは単純に人口で割っていることはわかっているし、土木費もカテゴライズでそうなるのもわかるが、もう少し指摘の点もわかるようにしたら、と言うことだと思います)⇚この点は私も広報委員ですので、今後の課題だなと感じました。

また、草刈など生活面でのお困りごとや、民間ですが今建設中のものは何屋さんだとか、まちのことを教えてもらう側面もあります。さらに、他議員からも私の知らない情報もでるとか、私もへーそうなのってのもありました。

その1、岩屋のフェリー跡地は産直施設の計画がある
だとか、
その2、一昨日の北淡会場(私は傍聴)では、8月の臨時会で約1200万円程かけて副市長室を改造するという予算がありましたが、それは議員があれこれ指摘したので、200万円で押さえると市長がいったとか。これなんて、じゃあ初めから200万円で提案すればいいじゃないかとか、補正予算案その1200万円含めて賛成しておいて(否決するとか修正案だして減額させることもできたのでは)とか、後だしじゃんけんのようだなと市民の方も思われたのではないか。と感じた一幕。 

何だかんだいいつつ、こう言う場で意見の交換やることは大事だし、終了して帰られる際に参加者からは、もっとこう言う場を増やしてとの声もでてました。いままで参加されたことない方もぜひとも今後ご参加していただければと思います。

写真は北淡会場のもの。私の岩屋会場では自身では報告会状況写真とれませんでした。岩屋は途中出入りありましたが、約15名の参加でした。


2017年8月26日土曜日

9月議会目前。 

昨日の議運。

会期は9月1日から27日まで。
議案について、新規条例2、条例改正3、請負締結1、補正8件、決算認定10などです。
議案内容は、市議会hp http://www.city.awaji.lg.jp/site/gikai/ みてもまだ更新されていない模様。後日ご確認ください。

さて、今定例会での人事案件について(まだどなたがなるかなどわからないけど議事日程には入ってくることに)、委員長(事務局サイドの提起といってもいいか?)の提起は、質疑や討論を省略でどないですか とのこと。


私は、場合によっては質疑や討論したいと思われる議員もおられるかもしれないので、それを議運として省略せずに、他の議案と同じ流れですればいいと思います。
過去には質疑や討論があったこともあり、そのような場面も想定されるからです。


「人事案件 質疑」 でさっき検索すると実は結構いろいろ書いている議員さんもおられることに気付きました。


検索結果では、議事録公開してるところも。
www.town.sakae.chiba.jp/cms/data/doc/1343645640_doc_2_1.pdf 
というオフィシャルな議事録なので、勝手に引用しリンクしておきます。。


さて、本日うちでは、結局委員長のいうとおりって方ばかりでそのような流れに。
「これまでの慣習」などといって、議員の質疑や討論を初めから省略って、結局は、市長や当局のヘルプするってことにつながるわけで、それが議員の努めではないので、やはり、議員が聞きたいというならば、そのように決めていくことが議運の努めではないのかな、とわたしは栄町議会議運議事録をみてあらためて思いました。
私の提起は、私が質疑やりたいからとかではなく、議会の在り方としての話であって、これから先が思いやられますが、提起もなければ議論もないのでまたいろいろと提起などしていきたいと思います。


先ほどの検索ででてくるブログ等書いておられる議員はだいたいが議会にはいって感じた疑問や、「このやり方どうなの」って市民目線というか、悪しき慣習あらためようよって方が多いように思います(そんな考えの人しかこのことでブログ書かないといえばそうなのかも)。


よく、住民目線などとおっしゃる議員がどこの議会にもおられるとおもいますが、住民代表の議員が執行部に質問する機会を自ら控えることや、慣習にどっぷりのっかるのおかしさに気がついていない時点でどこ目線だとおもうのですが。  

臨時会2日目



副市長を一人増やし、2人制にする議案の質疑や委員会での審査。

本会議の結果から先に言いますと、条例改正案には、反対5(かまづか、田尾、多田、戸田、針木議員)、賛成11(打越議員欠席、議長は除く)でした。


市民からすればなぜ今?、副市長の仕事がふえれば市にとってどのような改善点がでてくるのか?などなどの声がでるのは当然でしょう。

市長の説明では、より高次な政治的なものを市長に、事務的なものを副市長に一定ふる、今後3年半で残された課題を処理していくため最低限副市長2人は不可欠などというもの。

本会議質疑では、こちらの質問の趣旨と回答が全然かみ合わず(あえてかみあわせてないのか)。いつも質疑は一括質疑方式の3回のやりとりだけということになっているのがその原因です。議長が許可すればその限りではないということに会議規則にはうたわれているので、いつも議論がかみあわないので一問一答を許可してほしいと今回申し出たのですが、許可されず。結局、かみ合うはずもなく終了。市長もこちらの意味がわからないがと言い、それを前提とし答える場面があったので、なおさら議長はその状況を踏まえて一問一答をその場で認めるべきです。議長は、発言者を指名するだけが仕事ではないはずで、今の時代特に議論を整理し進める仕事も求められるわけでですから。


質疑、討論は
http://www.kensakusystem.jp/awaji-vod/cgi-bin4/ResultFrame.exe?Code=74waatjctkmbdze2j5 29年8月10日 をご覧ください。

一日の中で、質疑、委員会付託、その後、討論、裁決とやる議会日程も結論ありきではないか。←これは議会の姿勢が問われるところです。

2017年8月12日土曜日

8月9日の臨時会 初日

台風の影響で、9日が初日が延期になった臨時会。9日、10日の2日間ということに、8日の全員協議会で決まりました。

さらに、会派ごとに、所属したい委員会の事前の希望を出して調整ということになっており、私は産業厚生常任委員会に入りたいと希望していました。(理由は、来期の介護保険や国保の広域化にむけての動きが今年度はあるため)しかし、他の議員もどうしても入りたい理由もおありのようなので、くじ引きということに。結果、私見事に外れてしまいましたが、総務委員会でも質問したいことは山積なので、党議員が一人となってしまった今はどちらかは党としての視点での質問ができなくなり残念です。ただ、総文委の方が、ベテラン議員が多いという構成で、産厚委は2期以下が主な構成員となり、議論ふかまるのであろうかと心配になります。

次に議運の委員についてです。これまた無会派(当市議会のような田舎の地方議会は定数も18人、2人からが交渉会派ということになり、この4年、党単独としては交渉会派として議運にでれません。)が2名以上の時は議運に無会派から1人はだせるとなっております。(これは多様な民意を反映させるという点では当市議会は粋な計らいです) 
無会派議員は、一応3期目の私と、新人3人ですが、議運に出る意思がそれぞれお有りとのことで、くじ引きに。以前私も議運に入っていたこともあり、議会運営がいかに、議員よりというよりかは、当局の都合に合わすかのような運営を議員が平然としていること、また、それをおかしいとも思わず数の力で通すやり方をみてきているので、私は、何としても議運で、議員の立場でよりやりやすい議会運営としていくように出たいとの思いがあり、その辺を他無会派議員と調整したかったのですが(もちろんその立場でやってくれる人がでてくれるなら私はそれでもかまわない)、そのような場も持てないまま、くじ引きという流れに。 多勢に無勢ですが、今度はくじ運よく、議運のメンバーを引き当てる。

で、9日ですが、主に、議長などの人選。日程に入ってすぐに休憩をとり、指名にするか選挙にするか全協を持って確認しましたが、指名ではなく選挙といういつもの流れ。一応、全協では立候補者の所信表明を行うことが慣例になっており、休憩中に、私かまづか、岬、太田議員の3名が名乗りを上げました。本会議での投票の結果、かまづか2票、岬10票、太田5票、無効票1票で岬議員を議長に。

副議長も同じ様な手順で選挙(かまづかは所信表明行わず)。かまづか1票、西村9票、田尾5票、井出1票、無効2票という結果でした。

議会推薦の監査委員の推薦も結局選挙となり、池本、籾谷両議員が候補となり、籾谷議員と決まりました。

総務文教委は、委員長に松本、副に岨下議員。産業厚生委は、委員長に打越、副に井出議員。

議運委は、委員長に土井、副に田中議員。と一旦は決まる。(いろいろやりとりや経過があり、最終的には井出議員。 経過のなりゆきは、議運の委員長に手を挙げたのが、かまづか、田中、戸田、土井議員。選挙結果は土井議員に。副は誰も手をあげず、委員長からかまづかさんやってくれないかとか、話もいろいろありましたが、選挙することに。ここで、またしても議長選挙の流れか、土井氏に入れたと思われる方の票がかまづかに しかし、なり手がいないからと本人の意思を尊重せず、数の力で今度は強引にやらせるやり方に当然納得いかず、丁重にお断りさせていただきました。で、田中議員が一旦引き受けていただいたのですが、本会議終了後に辞職の意向が示され、議運としてはその意思を尊重し、井出議員が副委員長にということになり、翌日の本会議でその旨報告されました。)

日程の最後は、副市長2人とする議案と、関連補正予算の提案説明が行われ、日程を終える。
今回の提案説明はかなり詳しく提案説明をしました。新人議員からもその要望があったこともあると思いますが、毎回これくらい詳しい提案説明をしていただきたいものです。そして、そのことを踏まえたうえで質疑通告を出す流れとしていただければ、議論はさらに深まると思います。この例をいい例として執行部も踏襲していただきたい。

2日目に続く。